ページの先頭です

会社コンサル・インターネット事業・広告代理店・リフォーム建築ならアイゲン

【いまる】襖の張替え

新紗糸入り【しんしゃいといり】

一般的によく用いられる、質感のある織物ふすま紙。
縦糸・横糸ともにレーヨン糸がよく用いられ、中にはスラブ糸やカスリ糸などを
絡めて織り上げたものもあります。無地から絵柄まで豊富なデザインからお選びいただけます。

鳥の子【とりのこ】

本鳥の子が手漉きでつくられるのに比べ、鳥の子は抄紙機を用いて漉きます。
紙料はさまざまで、本鳥の子と同様に靱皮繊維(雁皮や三椏)を使ったものから、
パルプだけのものまであります。
また、漉き染めした鳥の子(色鳥の子)は色数も豊富で、現代の住空間はもとより
商業空間にもよく使われます。

本鳥の子【ほんとりのこ】

もともとは雁皮(がんぴ)紙をさし、その色合いが鶏卵の殻の淡黄色に似ているところから
鳥の子と呼ばれ、雁皮独特の柔らかい光沢をもつのが、その無地の肌合いの特徴で和紙を
代表するものです。
鳥の子の肌は独特な風合いを保ち、むしろ新しいものより上品な肌合いになります。
施工に際しては、上質な鳥の子ほど紙の性質は強く、下地骨・下貼りなどに充分な配慮が必要です。

新鳥の子【しんとりのこ】

襖紙の中で最も廉価で、製紙から模様付けまで一貫して機械生産されています。
紙は主として特殊な抄紙機で漉いた再生紙を用い、特殊輪転印刷機による模様付けの後、
エンボス加工が施されます。模様(絵柄)は一般的に使いやすいものが多く、施工性も考慮
したデザインを施しています。
このため、量産性と施工性の良さが相まって公団住宅、民間賃貸住宅などに
最もよく用いられています。
下地の透き止めのため紙裏が茶色のものが多く、「茶裏」とも呼ばれています。

上新鳥の子【じょうしんとりのこ】

鳥の子の普及品で、紙はすべて機械漉きのため比較的低価格で均質、という特徴をもちます。
鳥の子の肌合いを生かした無地、機械漉き模様、後加工による模様付けなど、
和紙の襖紙の中では種類が最も豊富です。
これらの特徴から、一般住宅や集合住宅などによく用いられ、名称を略して「上新」
とも呼ばれています。

  

会社コンサル

いまるのお得なキャンペーン企画

ハウツー講座

正社員募集